財団法人 佐々木研究所
概要 ご挨拶 理念・基本方針 研究課題 論文リスト ご寄附のお願い アクセス
SASAKI FOUNDATION

公益財団法人附属佐々木研究所
〒101-0062 東京都千代田区神田駿河台2-2 
TEL 03-3294-3286 FAX 03-3294-3290
What's New;
研究課題を更新(2016.7.20)
論文リストを更新(2016.7.20)
「がん研究募金」を始めました(2014.6.17)




佐々木研究所年譜
1882年 明治15年 佐々木東洋、神田駿河台の地に杏雲堂醫院創立(6月1日)
1894年   27年 佐々木政吉(杏雲堂醫院第二代院長)自邸敷地に研究室を新築、結核に関する研究を開始(後の佐々木研究所の母体)
1903年   36年1月 佐々木隆興(杏雲堂醫院第三代院長)、政吉の研究室を譲り受け改造して研究に従事
1923年 大正12年9月 関東大震災のため杏雲堂醫院および研究所全焼
1924年   13年5月 佐々木研究所、応急建築にて研究再開
同上 同上 佐々木隆興、「細菌によるアミノ酸の分解に関する研究」で帝国学士院恩賜賞を受賞
1935年 昭和10年2月 佐々木隆興、吉田富三、アゾ色素によるラット肝癌発生をVirchow's Arch.に発表
1936年 昭和11年6月 佐々木隆興、吉田富三、「アゾ色素肝癌に関する研究」で帝国学士院恩賜賞を受賞
1938年 昭和13年5月 佐々木研究所、本建築落成(駿河台2−2)
1939年 昭和14年1月 財団法人「佐々木研究所」設立認可
同上 同上 佐々木隆興、初代理事長兼研究所長に就任
1940年 昭和15年11月 佐々木隆興、文化勲章を受章
1941年 昭和16年12月 佐々木隆興、杏雲堂醫院を財団法人「佐々木研究所」に寄付
1950年 昭和25年 腹水型肝癌の開発とこれを材料とする研究開始
1953年 昭和28年4月 吉田富三、第二代研究所長に就任
同上 昭和28年11月 吉田富三、「吉田肉腫の病理学的研究」により再度の日本学士院恩賜賞受賞
1954年 昭和29年9月 日本育英会法の指定研究所となる
1959年 昭和34年11月 吉田富三、文化勲章を受章
1966年 昭和41年10月 第九回国際癌会議、東京で開催。名誉会長に佐々木隆興、会長に吉田富三所長就任
1968年 昭和43年1月 研究所増築
1974年 昭和49年4月 佐々木洋興、第三代研究所長に就任
1990年 平成2年6月 「(財)佐々木研究所50年史」刊行
同上 平成2年9月 研究所棟落成、三部門(病理部・生化学部・細胞遺伝部)を設置 新たな研究活動を開始
同上 同上 佐々木本道、第四代研究所長に就任
1995年 平成7年10月 橋本嘉幸、第五代研究所長に就任
1997年 平成8年9月 橋本嘉幸、吉田富三賞を受賞
2001年 平成13年4月 黒川雄二、第六代研究所長に就任。研究所正式名称を、財団法人佐々木研究所附属佐々木研究所とする
同上 平成13年10月 前川昭彦、第七代研究所長に就任
2006年 平成18年4月 黒川雄二、第八代研究所長(理事長兼任)に就任
    臨床研究に特化するため6研究部門を設置し、部長及び主任研究員(全て、杏雲堂病院又は湘南健診センターと兼任)を任命
2010年 平成22年4月  関谷剛男、第九代研究所長に就任。腫瘍ゲノム学系臨床研究部門を新設。部門数 7、部長 9、主任研究員 9、研究課題 22
2011年 平成23年4月 部門数 7、部長 9、主任研究員 14、研究員 11、研究課題 24
2012年 平成24年4月 部門数 7、部長 6、主任研究員 13、研究員 14、研究課題 38
2013年 平成25年9月 部門数 7、部長 5、主任研究員 12、研究員 17(専任4、兼任13)研究課題 42