財団法人 佐々木研究所
SASAKI FOUNDATION

財団法人 佐々木研究所 TEL 03-3292-8092 FAX 03-3292-3371
ご挨拶 定款 組 織 事業目的・内容 沿革 資料室
アクセス リンク

ご挨拶



 「佐々木研究所」の歴史は、明治15年(1882年)、佐々木東洋により神田駿河台の地に「医学の進歩に寄与し、医業を持って社会に貢献する」理念のもと開院されました「杏雲堂医院」に遡ります。
研究所としての活動は、佐々木東洋の自邸敷地内あるいはその後、第2代院長佐々木政吉が作った研究室にて開始されました。
第3代院長佐々木隆興により、昭和14年(1939年)に財団法人「佐々木研究所」が申請認可され、その後、杏雲堂医院が財団に寄付されて、研究所と病院からなる財団法人「佐々木研究所」の形となりました。
 初代研究所長佐々木隆興、第2代所長吉田富三はがん研究の功績により、いずれも
文化勲章を授与されました。
この輝かしい伝統を持つ佐々木研究所は、平成24年(2012年)、新たに附属佐々木研究所附属杏雲堂病院、附属湘南健診センタ−を研究実施施設とする医学研究機関として公益財団法人への移行が認定されました。
 研究所は、引き続き、臨床研究の強化と併せて、伝統である基礎的な「がん研究」に取り組んで参ります。既に、英文論文発表等の成果が出始めておりますが、今後は、研究体制の充実を図って参りたいと考えております。
 また、杏雲堂病院は「安心と満足、心温まる医療」を理念とし、この理念に基づき、研究所と一体となり、がんその他の疾患の予防、診断、及び治療に関する臨床研究に、積極的に取り組んでいます。また、がん以外の疾病に関しても、地域連携を積極的に進め、近隣の大学病院、医師会等との連携の強化を図って参る所存であります。

「地域の皆様と共に歩む公益財団法人」として、今後とも、皆様のご支援、ご理解を何卒、宜しくお願い申し上げます。

                          理事長   中村俊夫



・財団事務局 head-office@po.kyoundo.jp

 

財団法人 佐々木研究所